ガールズバーお役立ちコンテンツ

ガールズバーの税金は、専門家でも解釈がむずかしい

ガールズバーの税金は、専門家でも解釈がむずかしい

ガールズバーについては、営業許可の取得だけに限らず、税金の支払い(納税)についても、事前にいろいろと勉強しておくほうが良いと指摘する人がいます。その理由は、風俗営業のなかでも後発(=新しい形態)であるガールズバーが、「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風適法)」において解釈が曖昧になっているままであるため、それに基づく税法上の線引きも非常に曖昧でむずかしくなっているという点にあります。
たとえばスタッフである女の子が、カウンター越しに社交儀礼の範囲であいさつ程度のおしゃべりにとどまるのであれば、それは「バーテンダーからの源泉徴収」という解釈なり、給与扱いとなります。
サラリーマンと同じように給与から税金分が天引きされます。またフリーランスのような外注契約の場合なら、自分で使う用具などを自前で用意しつつ、足りないものはお店の用具を借りるなどして使用料を支払う形になります。この場合は、源泉徴収は不要で、自己申告(=確定申告)で税金を収めることになります。
ただし、バーテンダーと称する女の子が、“儀礼の範疇”を越えて来店客と会話を楽しんでしまうケースなどは接待行為とみなされ、税法上も「ホステス課税」という別枠の納税が義務づけられてしまいます。もちろんガールズバー派遣によって雇用契約を結んでいる場合は、派遣会社とお店、派遣されるスタッフとのあいだで交わされている契約内容にもよります。
ここ数年ガールズバーは増加傾向にあるといわれていますが、接客の範囲がバーテンダー寄りか、ホステス寄りかという判断は、結局のところお店ごとの実状を見ないと専門家でもわからないといいます。ガールズバーは税金ひとつをテーマにとっても疑問や謎が残されています。

法律

  • ガールズバーは風営法違反で摘発されないか?!
  • 体験で知ったガールズバー&風営法の定義
  • ガールズバーでのアルバイト、派遣と源泉徴収
  • テレビでよく見る警察のガサ入れは、ガールズバーでも起きる?
  • ガールズバーは風適法にのっとった許可が必要
  • ボックス席のあるガールズバーの法的な扱いについて
  • 女子高生で17歳、ガールズバーでバイトできるか?
  • 16歳以上なら、女子高生でもガールズバーで働ける!?
  • 16歳でも16歳以上でも意味は同じ。ガールズバーで働くことはできる
  • 103万を超えてしまうガールズバーでのアルバイト
  • ガールズバーのアルバイト、「10引かれる」ってどういう意味?

  • 新着の口コミ

    ★★★★☆ 11月28日(火) 17:54
    平日だったからかとても暇で3組しかお客さんは来店せずでした。 わたしは1組しかつかず暇で保証上がりだ....
    ★★★★☆ 11月28日(火) 04:04
    お客さんが優しげな方ばかりでドリンク頂けました。ご常連の方が多いみたいです。 キャストの方が若い方が....
    11月24日(金) 01:38
    女の子全員気さくに話しかけてくださって分からないことも丁寧にサポートしてくださり大変働きやすかったで....
    11月21日(火) 11:27
    初めての派遣でしたがとても良かったです。 ママさんは優しいし、同世代のキャストの皆様も優しかったです....
    →新着の口コミ一覧へ

    ご登録、ご相談はこちら
    お問い合わせはこちら
    お電話でのご応募、お問い合わせは
    0120-949-774
    受付時間12:00~22:00・年中無休・通話料無料 フォーム、LINEから応募する フォームで応募 ラインで応募